CPDS認定セミナ「最新の情報化施工セミナ」開催のお知らせ(2012.7.20)


近年、情報技術の高度利用により、土木施工の効率化、施工品質の確保、施工管理や監督検査における業務改善への研究・開発が盛んに行われています。国土交通省の発注工事において実用化が始まり、特に中部地方整備局においては一部の技術において標準化とります。今後は総合評価落札方式により品質と価格で総合的に評価され、工事の受注へとつながります。このような背景をもとに、業務効率化、品質向上を担う技術提案としても、情報化施工はますます注目を集めることとなります。

 この度のセミナでは業況動向のご紹介をはじめ、情報化施工機器における製品・システムをご用意し、皆様にご理解いただく内容となっております。

 

■ セミナ内容 ■■■■■ 

 13:00~14:50   情報化施工について
 ・ いまなぜ建設ICTなのか?
 ・ 市場動向のご紹介
 14:50~15:30

 

情報技術の現場作業へのご提案
 ・ 稼動事例のご紹介
 ・ 構成機器の紹介と取扱い
 15:30~17:40 TSを用いた出来形管理技術のご紹介
 ・TS出来形管理の詳細と新基準Ver.4について  


■ 定員 ■■■■■ 

80名 (定員に達し次第、締め切りとさせていただきます)

 


■ お問い合せ ■■■■■ 

お近くの、コマツ名古屋/レンタル21 事業所 もしくは、

「最新の情報化施工セミナ」開催事務局(担当:佐藤)
 TEL.0561-39-1101 まで ご連絡下さい。


【主催】 株式会社前田製作所(コマツ名古屋・レンタル21)

【協力】 コマツ、株株式会社ニコン・トリンブル、
     福井コンピュータ株式会社、株式会社NTジオテック中部 (順不同、敬称略)